社会

沖縄コロナ614人感染、前週より92人減 8人死亡(1月26日朝まとめ)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 沖縄県は25日、新たに614人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。前週の水曜日と比べて92人(13%)減少した。入院中が260人おり、そのうち重症が5人、中等症は152人。40代~90代以上の男女8人の死亡例の報告もあった。

 ▼【増えた?減った?ひと目でわかる】沖縄の新型コロナ最新情報

 宿泊施設療養者は124人おり、自宅療養者は3125人となっている。県全体のコロナ専用の病床使用率は39.5%で、圏域別では本島42.9%、宮古が10.6%、八重山は41.3%となっている。

 施設内感染などで県が支援に入っている社会福祉施設は58施設で、療養者は高齢者に256人(酸素投与中7人)、障がい者施設に10人いる。
(中村優希)


【関連記事】

▼沖縄県医師会館内に小児検査場を開設 29日も実施予定

▼コロナ死の発表、最長「178日遅れ」 調査団体が沖縄県に提言書

▼新型コロナの5類移行、沖縄の医師らが危惧すること

▼沖縄にインフルエンザ流行警報 3年4カ月ぶり 10代以下で拡大

▼沖縄県立八重山病院の診療制限、27日まで延長

 




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス