社会

那覇空港で2機が離陸取りやめ ANA「保安上の理由」 爆破予告か、安全確認後に出発

那覇空港(資料写真)

 30日午前、那覇空港を出発予定だった全日本空輸(ANA)の2便が離陸を取りやめ、滑走路から駐機場に戻った。乗客約300人に影響が出たが、けが人はない。ANAは取りやめた理由を「保安上の理由」としている。爆破予告があったとの情報もある。安全確認が取れたとして、2機は同日午後1時半までに那覇空港を離陸した。

 ▼那覇空港にインド空軍機が着陸 燃料補給のため 茨城で初の日印共同訓練

 離陸を取りやめたのは、羽田空港行きの462便(乗客約250人)と福岡空港行きの1204便(約60人)。2機は当初、30日午前11時半ごろに那覇空港を離陸予定だった。  那覇空港事務所によると、2機の離陸取りやめによる他の便や滑走路への影響はないという。

【関連記事】

▼那覇空港周辺の混雑解消には? レンタカーや駐車場料金…運営会社が打ち出した対策

▼那覇の陸自ヘリ、部品落下か アルミ製0.9グラム 津堅島の災害訓練中

▼那覇空港でドローン、航空法違反の疑いで捜査 沖縄・豊見城署

▼辺野古の看板、座り込み抗議の日数が「0日」に また何者かに日数変えられる

▼那覇を「アニメの聖地」に、商業施設「マキシー」の復活…首里高生が観光の課題解決へアイデア
 




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス