23日まで工事再開なし 断水も「生じない」見通し 導水管漏水 企業局が対策本部会議 (19日午後3時半現在)


社会
23日まで工事再開なし 断水も「生じない」見通し 導水管漏水 企業局が対策本部会議 (19日午後3時半現在) 導水管の漏水問題について話し合うため対策本部会議に出席する県企業局の職員ら=19日午後2時ごろ、沖縄県庁
この記事を書いた人 Avatar photo 沖田 有吾

沖縄県の久志浄水場から西原浄水場へ水を送る導水管が途中で漏水している問題で、県企業局は19日午後、対策本部会議を開き、水道工事を担う企業などから工法についての意見や提案を聞いた上で、23日に再度、対策本部会議を開くことを決めた。23日までは工事を再開する予定はなく、事業所への工業用水や家庭向けの生活用水の断水は、この期間は生じないという。

企業局は18日午後5時にうるま市昆布で漏水修繕工事を開始し、同午後6時に導水管内の排水を始めたものの水量が減らず、同午後10時50分に修繕工事の中断を決めた。断水していた工業用水の供給は翌19日午前3時から再開した。