政治

玉城知事「暴挙以外の何ものでもない」 辺野古新基地建設で新護岸からの土砂陸揚げに

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に向けて沖縄防衛局が2カ所の護岸から埋め立て用土砂を陸揚げした11日、玉城デニー知事は記者団に「暴挙以外の何ものでもなく、許されない」と語った。2カ所とも当初計画にない係船機能を県の許可無く追加したとし「法令順守の意識を欠いている」と指摘した。
 そもそも埋め立て承認撤回が有効であるという県の立場を強調し「違法な工事を継続していることは到底看過できない」と批判した。防衛局に工事中止を求める行政指導文書を速やかに提出すると説明した。【琉球新報電子版】