有料

全九州高校重量挙げ 安良城(宮古)81キロ級頂点 比嘉(本部)ジャークトータル高校新


社会
全九州高校重量挙げ 安良城(宮古)81キロ級頂点 比嘉(本部)ジャークトータル高校新 男子81キロ級で優勝した安良城龍虎(提供)
この記事を書いた人 Avatar photo 大城 三太

 重量挙げの第32回全九州高校選抜大会が20日、熊本県の八代市鏡体育館で開幕した。順位とは関係なく記録会として参加した比嘉成(本部3年)は、普段出場する59キロ級よりも一つ下の55キロ級で、スナッチ89キロでジュニア日本新、ジャーク106キロとトータル195キロのいずれも高校日本新を打ち立てた。

 男子81キロ級の安良城龍虎(宮古2年)がスナッチ96キロ、ジャーク122キロ、トータル218キロで優勝した。同73キロ級の鉢嶺元就(沖縄工2年)、同89キロ級の儀保知仁(豊見城2年)、女子49キロ級の大村朱音(沖縄工2年)はいずれも2位となった。


安良城、下半身の強化が奏功

 男子81キロ級で九州を制した安良城龍虎(りゅうこ)(宮古2年)は「日頃の成果を出し切れた」と手応えを得た。

 ジャークは自己ベストを2キロ更新。「力まず自分のペースでやれた」とうなずく。

 「いつもは本番で動きが悪くなる」という不安を払拭できた。要因は確かな練習量で「スクワットが一番大事と考えていて、下半身強化に力を入れてきた」。離島ゆえに遠征費負担もあり、本島の小さな大会や合同練習に参加できず「経験値と刺激がもっとほしい」と渇望する。部員は6人だが声を掛け合って気持ちを高めてきた。

 今大会は89キロ級の覇者に刺激を受けた。1年生ながらトータル268キロで圧倒した。

 「こんな選手もいるのかと衝撃を受けた。もっと練習しないと」と思いをたぎらせた。

 (大城三太)

比嘉 世界Jr.代表目指す

比嘉成
比嘉成

 女子55キロ級の比嘉成(本部3年)がスナッチ2本目の89キロで堂々のジュニア(15~20歳)日本新記録を出した。「合宿が続き、詰め詰めの日程だった。そんな状況でも、この記録を出せたのはうれしい」と納得の内容だった。

 本来はオリンピック階級の59キロで挑戦を続ける。55キロスナッチの日本新記録90キロ超えを狙い、一つ下の階級で出場した。「体重は2日ほどで落とすことができた」とするも本調子ではなく、3本目の91キロは失敗に終わった。

 次は2月の全日本ジュニアを見据える。9月の世界ジュニア派遣代表枠を懸け、59キロで出場する。「標準記録となる188キロをしっかり満たし、5人のメンバーに選ばれるように、自己ベストも狙っていきたい」と目標へ走り続ける。

 (大城三太)