芸能・文化

【写真特集】唄者・大城美佐子さん、ありし日の姿

イベントのゲストで海洋博のシンボルマーク入りの浴衣姿で歌う大城美佐子さん=2015年6月、本部町の海洋博記念公園(ジャン松元撮影)

 1月18日、84歳で死去した沖縄民謡の重鎮、大城美佐子さん。若手時代の伸びやかな高音は「絹糸声(いーちゅぐぃ)」といわれ、嘉手苅林昌さんの名相方としても活躍。「つるヘンリー」「ナビィの恋」などの映画にも出演した。

 80歳を超えても活発に活動。「自分はウタサー(唄者)だから自分が思う歌を歌えればいい。旅が好きだから(県外公演の)オファーがあれば飛んで行く」と語っていた。


登川誠仁さんと=2012年9月(喜瀬守昭撮影)

芸能生活50周年記念公演で知名定男さんと歌を披露する大城美佐子さん=2007年7月、那覇市民会館

映画「変魚路」の完成試写会にて。高嶺剛監督(左から3人目)や共演者の平良進さん(右から2人目)らと写真に収まる大城美佐子さん=2016年11月、那覇市の桜坂劇場

【訃報】大城美佐子さん84歳

【生前の取材に】「ウタサーだから思う歌うたう」 嘉手苅さん、宮沢和史さんについても



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス