地域

感染しニャい?黒マスクの子ネコがやってきた 名護の玉城さん宅

ミケの顔。黒いマスクをしているよう。

 【名護】沖縄県内で新型コロナウイルスの感染が続く中、「感染防止を徹底している」かのような子ネコが現れた。名護市の玉城充子さん(69)の自宅に6月中旬、顔の下半分が真っ黒な子ネコがやって来た。


おそろいで「黒マスク」を“着用する”玉城充子さんと子ネコのミケ=7月30日、名護市港の琉球新報北部支社

 「変な顔。まるでしゃれた黒いマスクをしているようだ」と玉城さん。子ネコは「ミケ」と名付け、自宅で飼うことにした。

 ネコの新型コロナ感染例は世界各国で報告されている。「ネコまで感染予防をちゃんとしている。自分たちもマスクをしっかりつけなくてはいけないね」と笑った。一方、ミケは本紙記者がカメラを向けると、「ニャー」と大きな口を開いて見せた。人は記念撮影する時に、マスクを外す機会もある。配慮してくれたのか?


▼路上で眠るメジロ、ジョギング男性が肩に乗せ「救出」 元気に空へ

▼段ボールに大けがした猫「助けてください」 命つないだ善意のリレー

▼「どんぶらこ」流れてきたカメを助けたら…天然記念物! 「カメの恩返しがあるといいな」

▼結婚を祝いに来た巨大マンタ 海外旅行を諦めたカップルに訪れた奇跡

▼【写真特集】沖縄の巨大な生き物たち 見た!釣った!捕まえた!

▼沖縄に富士山!? 雨上がりの塩屋湾、自然が描く巨大絵巻
 



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス