社会

【写真特集】さよなら首里劇場 閉館惜しむファンが内覧会

首里劇場の外観

 現存する沖縄最古の映画館で、芝居小屋としても親しまれた那覇市の首里劇場が70年余の歴史に幕を閉じた。劇場の金城政則館長が4月に亡くなって以降休館中だったが、劇場の老朽化が進む中、引き継ぐ人もおらず閉館が決まった。同劇場で5日、「首里劇場友の会」と「首里劇場調査団」主催の内覧ツアーが開かれた。ツアーには延べ80人以上が参加し、終幕を惜しんだ。

>>記事こちら>>沖縄最古の映画館「首里劇場」閉館 館長が死去 芝居、エロ、名画座まで70年の歴史


内覧ツアー開始前に、スクリーンに上映されている映像を見る参加者=5日、那覇市の首里劇場

真喜屋力さん(右端)の案内で首里劇場を見て回る来場者=5日、那覇市の首里劇場

かつて劇場に掲示された消防責任者などを記したボードを手に説明をする真喜屋力さん。金城田真2代目館長、金城政則3代目館長の名前が見える=5日、那覇市の首里劇場

平良竜次さん(右端)の案内で首里劇場を見て回る来場者=5日、那覇市の首里劇場

劇場で寝泊まりした芝居の一座が使用していたレンガ造りのかまど=5日、那覇市の首里劇場

米軍の払い下げ品で作られたと思われるカーキ色の幕。松の絵が見える=5日、那覇市の首里劇場

平良竜次さん(右端)の案内で劇場の裏側を見る内覧ツアー参加者。補強して使われている木造の梁(はり)が見える=5日、那覇市の首里劇場

【関連記事】

▼沖縄にしかない風景…「首里劇場 金城政則」が金賞 那覇市魅力発信動画 

▼首里劇場、成人映画から名画座に 館長「昭和のにおい感じて」

▼「笑いとエロは世界を救う」首里劇場が「NO密」で再開

▼沖縄最古の映画館「首里劇場」で友の会結成 イベント運営支援

 【写真特集】名所・首里劇場 「城下の異空間」今昔


》「きょうの沖縄」一覧へ



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス