社会

〝辺野古の海守る〟知事の遺志 必ず 新基地反対県民大会 副知事、撤回へ「毅然と」

手をつないでガンバロー三唱し「新基地建設反対」を訴える大会参加者=11日午後0時4分ごろ、那覇市の奥武山公園陸上競技場(又吉康秀撮影)

 米軍普天間飛行場の県内移設に伴う名護市辺野古の埋め立て阻止を訴える「土砂投入を許さない!ジュゴン・サンゴを守り、辺野古新基地建設断念を求める8・11県民大会」(辺野古に新基地を造らせないオール沖縄会議主催)が11日、那覇市の奥武山公園陸上競技場で開かれた。台風14号の接近に伴う雨が降りしきる悪天候にもかかわらず、主催者発表で7万人が集まった。沖縄防衛局が17日にも開始する土砂投入計画の断念を要求する大会決議を採択したほか、8日に急逝した翁長雄志知事を悼み、新基地建設阻止に懸けた思いを受け継ぐことを確認した。

 出席がかなわなかった翁長雄志知事に代わり、県知事職務代理者として登壇した謝花喜一郎副知事は「知事は4日に面談した際、『県民からの負託に応えていきたいというのは撤回のことだ』と話されていた。志半ばで病に倒れ、無念だったと思う」と紹介。辺野古埋め立て承認の撤回に向け、沖縄防衛局に反論を聞く聴聞審理が終了したことなどを説明し「県政を預かるわれわれとして、辺野古に新基地は造らせないという翁長知事の強く熱い思いを受け止め、引き続きしっかり毅然と判断していく」として、翁長知事が生前に下した判断にのっとり、撤回に向けた手続きを進める姿勢を示した。

 大会決議は、辺野古地先への土砂投入を計画する沖縄防衛局に対して「沖縄県民の民意を踏みにじり、環境破壊につながる違法工事を強行し続けている」と訴え、「辺野古・大浦湾の美(ちゅ)ら海に新たな基地を造らせない。県民の命とくらし、沖縄の地方自治と日本の民主主義と平和を守るためこの不条理に全力で抗(あらが)い続ける」と宣言した。

 後日、オール沖縄会議の代表団が日米両政府に対し、決議書を手交する。

 参加者は辺野古の海と空をイメージした大会カラーの青色とともに、喪章や黒いリボンを身に着け翁長知事への追悼の意を示した。冒頭に1分間の黙とうをささげた。

 さらに「県民はあきらめない!」などと書いたメッセージボードを掲げ、翁長知事が表明した埋め立て承認の撤回を支持する民意を示した。