【動画】春の浅瀬をゆらりお散歩 〜ウミヘビの仲間〜 <沖縄・海の生き物たちVol.36>

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加


ウミヘビの泳ぎは優雅、瞳も愛らしく


立春を過ぎた沖縄は、晴れれば気温が20度を超える暖かさ。そんな日は、寒さで動けなかった生きものも活動を始めます。

ある日、浅瀬でしましまを発見。ウミヘビです。水深が10cmしかないような場所にもやってきます。海に住むとはいえ爬虫類のヘビなので、呼吸をしに時々水面に顔を出します。

くっきりしたしま模様で、全体に青みがかったヒロオウミヘビ。夜行性ですが、昼間も活動することがあるそう。沖縄で燻製にされる「イラブー」エラブウミヘビに近い仲間で、どちらも海岸にはい上がって洞窟や岩場に卵を産みます。

浅瀬でよく見るクロガシラウミヘビは昼行性。白黒のしま模様は、黒い帯の背中側が少しだけ幅広く、横から見ると逆三角形っぽく見えます。顔はおおむね黒く、胴体よりもずいぶん細い。浅瀬の砂地に顔をつっこんで、餌になる小さなアナゴみたいな魚を探します。

ウミヘビの泳ぎは優雅で顔もかわいいけれど、強力な神経毒を持つコブラの仲間。もし噛まれたら、体の筋肉や呼吸、心臓が麻痺してしまうかも!ウミヘビは人が近づいてもあまり逃げず、クロガシラのように割と気が荒い種類もいます。ただ、口が小さく、こちらが手を出さなければ普通は噛まれません。もしウミヘビに出会ったら、少し離れて、ウミヘビのゆったりしたお散歩を見守ってあげてくださいね。



Vol. 36 クロガシラウミヘビ

Hydrophis melanocephalus



● 目:有鱗目 Squamata

● 科:コブラ科 Elapidae

● 属:ウミヘビ属 Hydrophis

 



動画撮影: 
ヒロオウミヘビ  2018年4月27日(浦添市 カーミージー)
クロガシラウミヘビ   2020年2月12日(浦添市 カーミージー) 、2021年1月27日(浦添市 西海岸パルコ前)

動画撮影・編集&執筆

鹿谷法一(しかたに・のりかず しかたに自然案内)

琉球大卒、東大大学院修了、博士(農学)。広島に生まれ、海に憧れて1981年に沖縄へ。専門はカニなどの甲殻類。生き物の形とはたらきの関係に興味がある。最近は、沖縄の貝殻を削って磨くシェルクラフトを行っている。

鹿谷麻夕(しかたに・まゆ しかたに自然案内)

東洋大、琉球大卒。東大大学院中退。東京に生まれ、20代半ばでサンゴ礁に興味を持ち、1993年に沖縄へ。2003年より、しかたに自然案内として県内で海の環境教育を始める。しかたに自然案内代表。手作りぬいぐるみで海を伝える、あーまんシアターも主宰。

 

これも読みたい!

 

◆【動画】タカラガイがツヤピカなのには秘密があった〈沖縄・海の生き物たちvol.8〉

https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-822751.html

 

◆【動画】細~い葉っぱの上に住んでます キンランカノコ <沖縄・海の生き物たちVol.20>

https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-1013081.html

 

◆【動画】光る膜で太陽の恵みを受ける〜ヒメジャコガイとカワラガイ〜<沖縄・海の生き物たちVol.32>

https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-1206594.html

 



前の記事お願い!僕たちも甲子園に行かせて...
次の記事看板メニューは架空の民族料理!?...