Create The Future~未来をつくる~ Ryukyufrogs 8期生レポート〈8〉 佐久間風里(読谷村立古堅中3年)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 沖縄から次世代のITビジネスリーダーを発掘し、育成するプロジェクト。それが「Ryukyufrogs(リュウキュウ・フロッグス)」です。2007年に「IT frogs」としてスタートし、2016年度は8期生9人が英語やプレゼン研修、米国シリコンバレー派遣などに挑み、新しいサービスを生み出そうと準備を進めています。12月11日の報告会「Leap Day」に向け、大海を泳ぎ始めた9人のカエル(frog)たちをご紹介します。第8回目は佐久間風里さん(読谷村立古堅中3年)です。


シリコンバレーのインキュべーションオフィスで突撃ランチ! 自分たちのサービスを説明し、フィードバックをもらいました=2016年8月17日、米カリフォルニア州のPlug and Play Tech Center

決めたらすぐ行動


―「Ryukyufrogs」に参加しようと思ったきっかけを教えてください

 佐久間 Ryukyufrogsのプログラムを見つけてくれたのは私の母でした。初めは「受かるかどうか分からないけれど、受けてみるか!」みたいな軽い気持ちでした。

 初めの一歩として説明会に参加したのですが、たくさんの大学生や高校生がいて泣きそうになりました。説明会では5人1組のグループをつくり、「〇〇×IT」というテーマでサービスを考えるディスカッションをしたのですが、大学生の皆さんが話しているのを理解するのに必死で、自分のアイディアは全然伝えることができませんでした。その頃はクラウドファンディングの意味すら分からなかったのです。

 そんな、分からないことだらけの自分が悔しかったし、逆に「“中学生でITに詳しい”ってかっこいい!」と思い、Ryukyufrogsにチャレンジしてみようと思いました。

―研修を通して、最も印象に残ったことは何ですか?

 佐久間 印象に残った研修はたくさんあったのですが、特に私が印象に残った研修は、スタンフォード大学医学部環境器科の池野文昭さんのシリコンバレーとイノベーションについての研修でした。

 池野さんは、スティーブ・ジョブスさんの動画を見せてくれました。その中で紹介されていた彼の名言「stay hungry stay foolish」という言葉は、池野さんも同じことを思っていたそうです。

 池野さんの話を聞いて、私はその日から、「固定観念にとらわれずに、自分がやると決めたらすぐに行動に移そう」と思いました。

 また、自分のことを信じて、他の人にどう否定されても自分が悪い行動ではないと思ったら、信念を突き通して、最後まで一生懸命頑張ろうと思いました。


自分の「強み」を発見


仲間たちとの語らい=2016年8月16日、米カリフォルニア州のスタンフォード大学

―シリコンバレー研修を終え、自分の変化をどう感じていますか?

 佐久間 自分自身が変わったなと思うのは、発言力です。シリコンバレーに出発する前は、人の目を見て話せなかったり、モジモジしたりしていました。ですが、シリコンバレーでたくさんの人に自分のサービスについて話し、メンバーからのアドバイスをいただきながら研修を重ねていく中で、自分に自信を持つことができ、今ではちゃんと人の目を見てハキハキと話すことができるようになりました。

 また、自分の強みを見つけることができました。それは、愛嬌です。

 現地の方からも、『愛嬌を使えばいいよ!』と言われ、実際に使ってみると、たくさんの人がたくさんのことを教えてくれ、とても勉強になりました。

 シリコンバレーでは毎日刺激を受け、自分を磨き、成長できたと思います。


いじめで苦しむ人をなくしたい


PCの歴史を学ぶ=2016年8月21日、米カリフォルニア州のComputer History Museum

―今開発中のサービスは、社会にどんなイノベーションを起こしますか? そしてそのサービスに対する思いを教えてください。

 佐久間  私は今、八重山高校3年の島尻優楓さんと一緒に「いじめ×IT」というテーマで、いじめられて苦しんでいる人を助けるためのサービスを作っています。

 いじめというものは、とても悲しくて苦しいものです。

 私たち自身、過去にいじめを受けていた経験がありました。私は軽かったのですが、優楓さんのいじめはとても悪質なものでした。もちろん、いじめの程度に関わらず、いじめられたら苦しくて辛いのに変わりはありません。

 そんな苦しくて辛い思いを誰にもさせたくないから、私たちはこのサービスを考えています。

 私たちのサービスを使って、いじめを受けている人が1人でも多く、自分だけで悩まず、誰かに相談することで、少しでも気持ちが楽になってくれるようにしたいです。

 

★第9回は、12月2日公開予定です

第1回 嘉数涼夏さんはこちら

第2回 仲松拓哉さんはこちら

第3回 畑中ひらりさんはこちら

第4回 平得永大さんはこちら

第5回 津覇悠野さんはこちら

第6回 上原ありささんはこちら

第7回 金城拓登さんはこちら



 【プロフィル】

佐久間風里(さくま・かざり)

ピンク色が大好きです。

海外の文化や歴史について興味があります。

長期留学をしたいので、今は英語の勉強を頑張っています。

将来は、たくさんの人を笑顔にできる人になりたいです。
 




WSJ特設サイト

前の記事伊良部サイコ~! 釣りガールが「...
次の記事世界のソムリエ 田崎真也が沖縄・...