スポーツ

具志川商選手「スタートライン」「いい準備を」センバツ対戦相手決まり意気込み

選抜高校野球大会に向けて意気込む具志川商業の選手と関係者=24日午後、那覇市泉崎の琉球新報社

 3月19日に開幕する第93回選抜高校野球大会に初出場を決めた具志川商野球部のメンバーが24日、沖縄県那覇市泉崎の琉球新報社を訪れた。粟國陸斗主将と島袋大地副主将、喜舎場正太監督、末吉昇一部長、県高野連の岩﨑勝久会長がそれぞれ応援への感謝や大会の抱負を述べた。

 1月29日に戦力以外の要素を加味する21世紀枠での出場を決め、23日の抽選会で同じ21世紀枠で選ばれた八戸西(青森)との初戦が決まった。一夜明けて粟國主将は「実感が湧いてきた。データを調べながらどう相手の隙を突くか皆で考えたい。いい準備をしていく」と意気込みを見せた。

 県内の至る所にポスターなどで応援が呼び掛けられていることに島袋副主将は「頑張れというメッセージを実感している。甲子園はスタートラインに立っただけ。一戦必勝で行きたい」と気を引き締める。喜舎場監督は「一日でも多く紙面に取り上げられて、県民に喜んでもらいたい」と活躍を期した。

 言葉を受けた琉球新報社の玻名城泰山社長は「日頃の練習で培った機動力、気持ちを含めたパワーを存分に発揮して、高校野球の新たな一ページを切り開いてほしい」とエールを送った。

【関連ニュース】

センバツ具志川商、八戸西と対戦 21世紀枠同士 第3日第1試合

具志川商が初の甲子園 21世紀枠は20年ぶり

【動画】「甲子園で勝ちに行く」喜びと決意 具志川商、初のセンバツ

10年近く休部、雑草生えたグラウンド...「復活」支えた歴代指導者<具商センバツ 支えを力に>上

窮状にOBら立ち上がる「後輩を甲子園に」夢の芽が今…<具商センバツ 支えを力に>中



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス