経済
沖縄経済ニュース

ゴヤケーキ破産 沖縄市の本店、すでに閉鎖

破産手続きに入った老舗のゴヤケーキ=6日午後、沖縄市胡屋

 帝国データバンク沖縄支店は6日、沖縄市で洋菓子店「ゴヤケーキ」を経営していた「GOYA」(沖縄市、金城ビオレタ代表)が、那覇地裁から破産手続き開始決定を受けたと発表した。負債は約1200万円で、債権者数は22人。

 同支店などによると同社は1990年代に創業し、2007年に法人化した。シフォンケーキを主体に、パウンドケーキやロールケーキ、タルトなどの製造販売を手掛けてきた。

 一時は那覇市首里でも店舗を構えるなど人気を博してきたが、前代表の呉屋譲二氏が19年12月に急逝。金城ビオレタ氏を代表とし、事業を縮小して営業を続けていたが、20年1月に沖縄市の本店を閉鎖していた。

 

▼普天間高生が愛する「点心」の謎に迫った 中華風丼弁当の誕生秘話、店主はどんな人?

▼デカ盛りの「波止場食堂」が閉店 最終日に惜しむ客らガッツリ完食

▼90歳おばぁ、閉店決めた心残りとは…広さ10坪「まちやー小」金城商店

▼仲田幸子さん「コロナをたっぴらかす」笑いと芝居は閉店しません 芸能館最終舞台



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス