社会

沖縄で高校生ら少年3人、大麻所持容疑で逮捕 SNS通じ入手か

 沖縄県警は26日、同日までに高校1年生1人を含む少年3人を大麻取締法違反(所持)の容疑で逮捕したことを発表した。3人は会員制交流サイト(SNS)を通じ使用目的で入手したとみられる。県警によると「興味本位で始めた」と話しているという。

 逮捕されたのは、いずれも沖縄本島中部居住で、16歳のとび職の少年2人と、15歳の高校生。いずれかの自宅で乾燥大麻を所持していた疑い。

 県警によると、逮捕された3人のうち2人は兄弟。5月1日午前3時頃、「高校生がうるさい」と近隣から110番通報を受け、駆けつけた警察官が3人の様子に異変を感じたため、兄弟2人から任意聴取した。

 沖縄県内では今年2月、高校生ら少年3人が覚醒剤所持容疑で逮捕される事件があり、各校では先月から薬物の乱用防止に関する授業が進められていた。

【関連ニュース】

高校生覚醒剤「スマホあれば薬物買える」元売人ら証言 SNS使い数時間で

【特報】沖縄県警が高校生らを覚醒剤所持容疑で逮捕 SNSで密売か

▼「沖縄手押し」「アイス」…隠語で違法薬物密売か 高校生ら逮捕

「いいね」で大麻特典 覚醒剤所持で逮捕の少年ら 密売情報をSNSで拡散

▼「ダメ。ゼッタイ。」はダメ 高校生の薬物逮捕、精神科医の指摘



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス