社会
沖縄の新型コロナウイルス最新情報

沖縄97人コロナ感染、3日ぶり2桁 死者は4人(6月17日午後)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 沖縄県は17日、新たに97人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。100人を下回るのは3日ぶりで、前週の木曜日と比べて69人減。前日と比べても18人減った。感染者の累計は1万9881人と、2万人に迫っている。

 また、新たに患者4人が亡くなっていたことも発表。死亡したのは▽中部保健所管内の80代男性(5月30日死亡確認)▽宜野湾市の80代男性(6月7日死亡確認)▽うるま市の90代男性(6月5日死亡確認)▽那覇市の80代女性(6月7日死亡確認)。県内の累計死者は167人となった。

 直近1週間の人口10万人当たり新規感染者は58.13と60人を割り込んだが、依然として全国1位。2位の東京は19.27で以前大きな開きがある。病床占有率は73.1%、重症者用の病床占有率は50.0%。

 在沖米軍関係では、2人(嘉手納1、フォスター1)が感染したとの報告があった。累計で1438人。

 

【関連ニュース】

【速報】沖縄緊急事態7月11日までに 県要請より1週間長く「政府方針に従う」

沖縄県の接種率が最下位…全年齢の1回目

行きつけの飲み屋も休業…死後1カ月半後に発見された男性

最大の会場は半数埋まらず…きょうから広域接種

沖縄緊急事態、効果が出るのはいつ?

【写真特集】コロナ禍でも人気 沖縄・超高級ホテルの世界

 



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス