社会
沖縄の新型コロナウイルス最新情報

沖縄コロナ97人感染、累計2万人超す 2カ月余で倍増(6月19日午後)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 沖縄県は19日、新たに97人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。累計で20064人となり2万人を超えた。前日の86人より11人増え、前週土曜日の157人から60人減った。

 県内では昨年2月に初の患者が確認され、同年12月22日に5000人に達した。今年4月6日に1万人を超え、5月23日には1万5000人を超えた。2カ月余りでほぼ倍増したことになる。

 直近1週間の人口10万人当たり新規感染者は49・35で、全国1位。2位の東京は19・49で、依然として大きな差がある。病床占有率は77・3%、重症者用の病床占有率は46・9%。

 在沖米軍関係では、嘉手納基地とキャンプ・フォスターで1人ずつ、計2人が感染したとの報告があった。累計で1442人。(いずれも速報値)

【関連ニュース】

沖縄の休校、子どもの感染減に「一定効果」 21日に多数再開

緊急事態「前倒し解除」目指す沖縄 高山医師が恐れる最悪3要素とは

沖縄緊急事態7月11日までに 県要請より1週間長く「政府方針に従う」

行きつけの飲み屋も休業…死後1カ月半後に発見された男性

沖縄緊急事態、効果が出るのはいつ?

【写真特集】コロナ禍でも人気 沖縄・超高級ホテルの世界

 



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス