政治

「コロナさらに急拡大」沖縄知事が危機感 業種では飲食に次ぎ建設業で

記者会見する玉城デニー知事=26日夕

 新型コロナウイルスの新規感染が急拡大していることを受け、沖縄県の玉城デニー知事は26日、県庁で記者会見を開き「(感染者の増加)スピードも増しており、さらに急拡大が懸念される状況にある」と危機感を示し、県民に対してさらなる感染症対策の徹底を呼び掛けた。

 県によると、急激な感染者数の増加要因として、活動が活発な20~40代が飲食を介して感染し、家庭や職場で広げていることが考えられると分析した。沖縄本島中部地区で、デルタ株の流行が広がっているほか、感染者の業種別では飲食店従事者に次いで、建設業が多かった。玉城知事は「(建設業界と)意見交換をした上で、実態把握、認識共有を図っていきたい」と述べた。
【琉球新報電子版】

 

【関連記事】

▼感染の9割が10~30代、うるま市では63人クラスター

▼どこまで増えるか「想定できない」 飲食通じて感染拡大

▼【図でわかる】免疫いつから?孫に会える?持病ある人は? ワクチン接種Q&A

▼現在の接種ペースだと…沖縄は年末まで緊急宣言

▼【写真特集】コロナ禍でも人気 沖縄・超高級ホテルの世界



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス