政治

【速報】沖縄の緊急事態8月31日まで延長 政府が調整

  新型コロナウイルスの感染急拡大が続き、29日に国内で新たに確認された感染者は初めて1万人を超えて最多を更新した。インド由来のデルタ株が都市部を中心に猛威を振るっており、政府は埼玉、千葉、神奈川、大阪の4府県に緊急事態宣言を追加発令する方針を固めた。北海道、石川県、京都府、兵庫県、福岡県には、まん延防止等重点措置を適用する。いずれも8月2日から31日まで。宣言を発令中の東京都、沖縄県も8月22日の期限を31日に延長する。7月30日に正式決定する。

 東京五輪の開催中に対象地域を追加する異例の事態となる。菅義偉首相は29日、西村康稔経済再生担当相ら関係閣僚と官邸で協議。終了後、記者団に「強い危機感を持って対応している」と述べた。

 東京都では29日に3865人の新規感染者が報告され、過去最多を3日連続で更新した。神奈川県も1164人となり、最多を2日連続で更新。千葉県では過去2番目に多い576人、埼玉県では864人の新規感染が確認された。大阪府でも932人に上った。(共同通信)

【関連ニュース】
沖縄でコロナ392人 過去最多 3日連続300人超え(7月29日午後)
▼【グラフで見る】沖縄7月の感染者数推移
▼【速報】沖縄県、大型商業施設の土日休業を要請へ
▼【深掘り】沖縄県の想定を大幅に超える...コロナ過去最多354人、急拡大の要因は?
▼【図でわかる】免疫いつから?孫に会える?持病ある人は? ワクチン接種Q&A
▼現在の接種ペースだと…沖縄は年末まで緊急宣言



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス