社会

生理食塩水を6人に誤接種 豊見城市長が謝罪

 【豊見城】豊見城市の山川仁市長は8日、市役所で会見を開き、新型コロナウイルスワクチン接種で、市民6人に生理食塩水のみを注射したと発表した。7日午後、市中央公民館で438人に実施した集団接種で誤接種があり、6人が誰かは特定できていない。市は今後、抗体検査を実施し6人を特定するとしている。山川市長は「市民の皆さまにご心配をおかけし、おわび申し上げる」と謝罪した。

 市によると、接種終了後、ワクチンが入った1瓶と針が6本余っており発覚した。市は未使用と使用済みの瓶が同じ台にあったことが誤接種の原因とみている。

 


▼ランチでドライブで披露宴で…沖縄のコロナ感染7例
▼琉球大でのワクチン職域接種 学生の希望は予定の3割 若者接種が課題
▼コロナ休業要請の3連休、大型店が休業 事情知らぬ観光客の姿も
▼沖縄コロナ 陽性妊婦の出産相次ぐ 若者で拡大、小学生で最多
▼【図でわかる】免疫いつから?持病ある人は? ワクチン接種Q&A
▼【グラフで見る】沖縄の感染者数推移



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス