社会

那覇のPCR、長蛇の列 「旧盆で家族と過ごす」感染拡大と時期重なる

PCR検査の順番を待つ人々=18日、那覇市安里

 新型コロナウイルスの感染が急拡大する中、旧盆入りを前に、那覇市内の民間PCR検査センターには多くの人の姿があり、行列ができた。18日昼すぎ、那覇市安里の「沖縄PCR検査センター」には50人以上が間隔を空けながら並んでいた。

 豊見城市の40代男性は「旧盆でお中元の買い出しがあったり、家族と長い時間を過ごしたりする予定なので受けに来た。行動は最小限にしたい」と話した。

 センターの担当者によると、ここ数日は普段より利用者が多く、特に18日は午後になっても行列が続いた。担当者は「(感染者数が)過去最多を更新する日が続いていることや、本土のお盆を過ごして沖縄に戻った人と、沖縄の旧盆前で検査に来ている人が重なっているのではないか」と語った。

【関連ニュース】

▼マスクなしで会話、違法駐車…沖縄・人気ダイビングスポットの今

▼沖縄のロックダウン「検討必要」と厚労省有識者座長

▼宮古島コロナ世界最悪級「来ないで」 市長が強い要請

▼ランチでドライブで披露宴で…陽性者が急増する沖縄のコロナ感染7例

▼休業非協力は最多493店に…沖縄コロナ拡大の「複合要因」とは

▼病院クラスター死者なぜ64人に「ベッドすら動かせず」

▼【ひと目で分かる】沖縄のコロナ感染状況



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス