社会

沖縄167人コロナ感染 100人台は8月以降初 死者2人(9月6日午後)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 沖縄県は6日、新型コロナウイルスの新規感染者が167人だったと発表した。前週月曜の207人より40人少ない。1日の陽性者が200人を下回ったのは7月26日の116人以来。累計で4万5374人。

 新たな死者は2人。亡くなったのは 沖縄市の90代男性(8月21日死亡確認)、沖縄市の80代女性(8月23日死亡確認)。累計は265人となった。

 直近1週間の人口10万人当たり新規感染者は225.73で全国ワースト。2位は大阪府の180.72、3位は愛知県の153.57。

 自宅療養者は2650人で入院調整中は1724人。病床占有率は81.2%、重症者の病床占有率は67.6%。重症入院者は25人で30人を下回った。

 在沖米軍関係の新規感染者は、5日が35人、6日は7人との報告があった。累計で2375人となった。(いずれも速報値)

 

【関連ニュース】

▼【ひと目で分かる】沖縄のコロナ感染状況

▼沖縄、ワクチン対象12歳に引き下げ 20~30代対象に予約なしの優先接種も

▼若者はワクチンに後ろ向き?実際に聞いてみた

▼沖縄の接種なぜ最下位? 供給不足だけなのか

▼病院探しに30分超え…沖縄で救急搬送困難739件 現場の心的負担が増大

▼「コロナかな?」と思ったら…行動チャート図

▼マスクなしで会話、違法駐車…沖縄・人気ダイビングスポットの今



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス