社会
沖縄ワクチン情報まとめ

沖縄県の広域ワクチン接種センター、昼間枠の一部休止 予約数少なく

 新型コロナウイルスの広域ワクチン接種センター2カ所で水、木曜日の午後3~6時(昼間枠)に実施していた接種について、運営する沖縄県は16日以降、一部休止する。予約者が少ないため。医療体制が逼迫(ひっぱく)する中、医師や看護師を確保する重要性を考えて一部休止を判断した。

 休止するのは沖縄コンベンションセンター(宜野湾市)が22、23の両日、県立武道館(那覇市)は16、22、23、30日。予約済みの人には県から日程の振り替えを連絡する。午後6~9時の接種は両会場で継続する。

 県ワクチン接種等戦略課によると、2会場で行う昼間枠の接種は計1400人の上限で用意していたが、最も少ない日は8人だった。一部休止となる期間中でも計122人の予約にとどまっている。

 県によると、広域接種センターで実施した20~30代の若年層を対象とした予約なしの優先接種も低調という。8日と11日の2日間で接種したのは計204人で、計800人枠の4分の1程度だった。市町村のワクチン接種も集まりが悪くなっているという。今後はLINE公式アカウント「RICCA(沖縄県新型コロナ対策パーソナルサポート)」などを利用した広報強化、専門学校への呼び掛けなどで接種率を高める考えを示した。

 

【関連ニュース】

▼【ひと目で分かる】沖縄のコロナ感染状況

▼若者はワクチンに後ろ向き?実際に聞いてみた

▼ランチでドライブで披露宴で…陽性者が急増する沖縄のコロナ感染7例

▼「ブレークスルー」あってもワクチンは有効だ 医師が訴える理由

▼沖縄の接種なぜ最下位? 供給不足だけなのか

▼「陰性証明」メルカリで転売 沖縄観光で特典付き「ブルーパワーバンド」

▼「コロナかな?」と思ったら…行動チャート図



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス