社会
沖縄の新型コロナウイルス最新情報

那覇の小学校、延べ1909人が登校控え 9月6~10日、中学は575人

 沖縄県の那覇市教育委員会は14日、6~10日の5日間で新型コロナウイルス感染への不安を理由とした欠席が市立小学校で延べ1909人、市立中学校で延べ575人いたと発表した。7~13日に報告のあった市立小中学校の感染者数は合計53人だった。

 感染への不安で欠席した児童・生徒は市立小学校全36校、市立中学校全17校で確認されたという。この間、小学校では隔日、中学校では午前と午後に分かれて分散登校が行われた。

 7~13日の市立小中学校の感染者の内訳は小学生42人(17校)、中学生10人(6校)、教職員1人(1校)。感染経路は主に家庭内とみられるという。

【関連ニュース】

▼沖縄県内12市町村で登校控え コロナ懸念、分散登校や休校延長も
▼【ひと目で分かる】沖縄のコロナ感染状況
▼ランチでドライブで披露宴で…陽性者が急増する沖縄のコロナ感染7例
▼「ブレークスルー」あってもワクチンは有効だ 医師が訴える理由
▼沖縄の接種なぜ最下位? 供給不足だけなのか
▼「陰性証明」メルカリで転売 沖縄観光で特典付き「ブルーパワーバンド」
▼「コロナかな?」と思ったら…行動チャート図



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス