社会

沖縄・うるまの病院クラスター死者71人に 全員の療養解除

デルタ株=国立感染症研究所提供

 沖縄県は15日、全国最多規模となる新型コロナウイルスのクラスターが発生した沖縄県うるま市の民間病院で、亡くなった入院患者が新たに2人増え、累計71人になったと発表した。

 病院のホームページによると、同院では7月19日に最初の感染が判明後、入院患者174人、職員26人の計200人が感染した。8月18日を最後に新たな感染は確認されておらず、9月6日で全員の療養が解除されたという。


 

【関連ニュース】

▼【ひと目で分かる】沖縄のコロナ感染状況

▼若者はワクチンに後ろ向き?実際に聞いてみた

▼ランチでドライブで披露宴で…陽性者が急増する沖縄のコロナ感染7例

▼「ブレークスルー」あってもワクチンは有効だ 医師が訴える理由

▼「陰性証明」メルカリで転売 沖縄観光で特典付き「ブルーパワーバンド」

▼「コロナかな?」と思ったら…行動チャート図



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス