社会
沖縄の新型コロナウイルス最新情報

沖縄コロナ185人感染、4人死亡 部活や模合でクラスター新たに5例(9月18日朝)

 沖縄県は17日、新たに新型コロナウイルス患者4人が亡くなり、10歳未満から90代までの185人が感染したと発表した。累計の死亡者数は282人、感染者数は4万8417人。1日の新規感染者数が200人を切るのは、検査数の関係で少ない月曜を除くと7月24日以来(99人)となる。クラスター(感染者集団)の発生も新たに5例を確認した。
 
 亡くなったのは中部保健所管内の90代女性、うるま市の70代男性、那覇市の60代女性、宜野湾市の80代男性の4人。
 
 新規感染者185人の年代別は多い順に30代37人、20代33人、10代27人、40代25人などで、70代以上は8人だった。185人のうち推定感染経路が判明しているのは103人で、家庭72人、職場16人、友人・知人10人、施設2人、飲食1人、その他2人。
 
 宮古島市の県立学校では8月18~25日にかけて部活動を通じて生徒11人が、那覇市内では7月31日~8月5日にかけて模合をした40~60代5人の感染が判明し、それぞれ新たなクラスターに認定された。
 
 米軍関係は新たに16人の陽性が県に報告された。

 

【関連ニュース】

▼【ひと目で分かる】沖縄のコロナ感染状況

▼若者はワクチンに後ろ向き?実際に聞いてみた

▼ランチでドライブで披露宴で…陽性者が急増する沖縄のコロナ感染7例

▼保護者「学校で感染ないか」回復児童「いじめ怖い」 教師は疲弊

▼「ブレークスルー」あってもワクチンは有効だ 医師が訴える理由

▼沖縄の接種なぜ最下位? 供給不足だけなのか

▼「陰性証明」メルカリで転売 沖縄観光で特典付き「ブルーパワーバンド」

▼「コロナかな?」と思ったら…行動チャート図



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス