スポーツ

興南、沖縄水産が準決勝進出 高校野球 秋季

4回無失点の好投を見せた沖縄水産の先発・平田李維=16日、コザしんきんスタジアム

 高校野球の第71回県秋季大会第8日は16日、沖縄市のコザしんきんスタジアムとタピックスタジアム名護で準々決勝4試合を行っている。この日の第一試合は、沖縄水産が中部商に8-1の八回コールド勝ち、興南がウェルネス沖縄を12-1で退け決勝に進んだ。

 タピックスタジアム名護で行われた興南―ウェルネス沖縄の一戦は、3番・●覇盛太郎主将のレフトへのソロ本塁打などを含む計16安打12点の強力な打線で勝負を決めた。

 準々決勝の第2試合はKBC未来―前原と北山―沖縄尚学で、4強すべてが出そろう。

 準決勝は17日午前10時から、コザしんきんスタジアムで興南―沖縄水産と、第2試合の勝者が対戦する。

※●は「禰」の偏が「礻」の漢字。


興南ーウェルネス沖縄の3回、左越えの先制本塁打を打ち声を上げる興南の●覇盛太郎=16日、タピックスタジアム名護 ※●は「禰」の篇が「礻」の漢字。

【関連記事】

▼甲子園で1番多く勝った沖縄の高校は?

▼沖縄勢甲子園100勝の系譜 戦後復興、本土並み… 弱小から強豪県へ

▼「甲子園を見て沖縄に帰る」と乗った大阪行き、突然の別れ…

▼興南3回戦は全員安打で大勝 1年生の2人が投打で活躍

▼沖水3回戦、劣勢ひっくり返す 八回に連打で逆転



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス