政治

【速報】沖縄4選挙区に11候補が届け出 「コロナ、経済、基地」を問う 衆院選公示

衆院選が公示され、遊説へ出発する候補者を乗せた選挙カー=19日午前、那覇市内

 第49回衆院選が19日公示され、午前8時半の選管受け付け開始と同時に、沖縄県内の4選挙区に計11人が立候補を届け出た。31日の投開票に向けて12日間の選挙戦に突入した。新型コロナウイルス感染症対策や落ち込んだ県経済の回復、米軍基地問題の解決などが争点となる。立候補者は選挙区内の主要交差点などで第1声を上げ、候補者に自身の政策や立場を訴えた。選挙結果は玉城デニー知事の県政運営や来年の名護市長選、県知事選など大型選挙にも影響を与える見通しだ。

 午前9時現在で、沖縄の選挙区に立候補した候補者は届け出順に次の通り。


国会議事堂

 沖縄1区は共産前職の赤嶺政賢氏(73)、自民前職の国場幸之助氏(48)、無所属前職の下地幹郎氏(60)の3氏。

 沖縄2区は自民前職の宮崎政久氏(56)、NHK党新人の中村幸也氏(41)、社民新人で前北中城村長の新垣邦男氏(65)、維新新人で会社員の山川泰博氏(51)の4氏が立候補した。

 沖縄3区は立民前職の屋良朝博氏(59)、自民新人で元沖縄担当相の島尻安伊子氏(56)の一騎打ちとなる。

 沖縄4区は自民前職で現沖縄担当相の西銘恒三郎氏(67)、立民新人で元那覇市議会議長の金城徹氏(68)が届け出た。

 立候補の届け出は19日午後5時まで受け付ける。



 

>>沖縄の立候補予定者の情報をまとめてチェック!衆院選アプリ

>>衆院選関連のニュースはこちら

 

<関連記事>

▼沖縄1区の第一声

▼沖縄1区情勢、3氏争い4回連続

▼沖縄2区情勢、基地政策巡り論争

▼沖縄3区情勢、新基地建設で違い

▼沖縄4区情勢、沖縄相と新人対決

◯×△で政策チェック  アイドルらウェブで公開  衆院選、若者の投票率アップへ

#私たちの選挙 衆院選でツイッターと琉球新報などがキャンペーン



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス