社会

漂流軽石、海保巡視艇も航行不能に 僚船が助ける 沖縄・喜屋武沖

巡視艇「しまぐも」

 中城海上保安部によると23日午後6時20分ごろ、糸満市喜屋武岬の南約55キロ沖合で訓練中だった同保安部の巡視艇「しまぐも」(約100トン、9人乗り組み)から「軽石を吸い込み、航行不能になった」と連絡があった。巡視船「いしがき」(約千トン)と射撃訓練中だった。いしがきが同日午後9時40分ごろからえい航を開始した。24日に中城新港に入港する予定。乗組員にけがはなかった。

 同保安部は付近を航行する船舶に軽石の吸い込みによる機関故障への注意を呼びかけている。


 

【関連記事】

▼【動画】押し寄せる軽石…美ら海に異変 ビーチも川も灰色に

▼「漁ができる状態じゃない」 大量軽石が漁港にまで…

▼漂着した軽石、35年前と「同じ顔」 琉大名誉教授に聞く

▼「マグロが海に落ちている」70キロの大物、ドライブの夫婦が発見、素手で生け捕り

▼【動画】外国製オープンカー、海で炎上…



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス