社会

「漁ができる状態じゃない」と漁師ため息 大量軽石が漁港にまで…

漁港内で大量に滞留する軽石=23日午後0時すぎ、国頭村の辺土名漁港(小型無人機で撮影)

 【国頭】小笠原諸島の海底火山噴火の影響とみられる軽石が沖縄県内各地に漂着している問題で、国頭村の辺土名漁港などでは23日も大量に軽石が滞留しているのが確認された。漁業関係者は「漁ができる状態じゃない」とため息をつく。


 漁港を上空から撮影すると、港内には大量の軽石が滞留し海が変色しているかのように見える。陸上から見ると漁船が砂の上に浮かんでいるようだった。港内のスロープも一面が軽石に覆われていた。国頭漁業協同組合によると23日は海のしけの影響もあり多くの漁船が出港を見合わせたとみられる。


 村田佳久組合長は「北風の影響で大量に漂着した可能性が考えられる。今まで一番多い」と指摘。「週明け撤去作業を実施するが、沖にはまだたくさんある。風向きによってはまた押し寄せてくるかもしれない」と懸念した。


 

【注目記事】

▼【動画あり】1450キロ離れた沖縄本島にも「軽石」漂着 小笠原の海底火山噴火の影響か

▼「マグロが海に落ちている」70キロの大物、ドライブの夫婦が発見、素手で生け捕り

▼【動画】外国製オープンカー、海で炎上…

▼とんだ「カメ」違い…国道横断、違う飼い主の元へ 脱走後に起こった珍事件

▼176cm、長~~い「ヘビ」捕まえた! 口から出ていた「長いもの」は?



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス