地域

176cm、長~~い「ヘビ」捕まえた! 口から出ていた「長いもの」は? 糸満

176センチのアカマタを捕獲した大城学さん(右)と息子の笠佑夢さん(左)=18日、糸満市波平

 【糸満】沖縄県糸満市波平の畑で18日午前11時半ごろ、農家の大城学さん(53)と息子の笠佑夢(りゅうむ)さん(15)は体長176センチのアカマタを発見した。畑では時々、体長120~130センチのアカマタを見掛けるという。駆けつけた友人の長嶺衛(まもる)さん(54)は「最大級かもしれない」と興奮気味に話した。

 学さんが重機で畑を耕していると、古タイヤの中からアカマタが姿を見せた。口からは体長約40センチの、別のアカマタの尾が飛び出していた。「ハブだと思った」と重機で抑えて駆除しようとしたところ、アカマタであることに気づいた。しばらく観察していたが弱っており、約1時間後に死んだ。

 畑のそばは小川が流れている。「川沿いだからエサが豊富なんだろう」と学さん。笠佑夢さんは「初めて(アカマタを)見てびっくりした」と話した。


 

▼「マグロが海に落ちている」ドライブの夫婦が発見、素手で生け捕り

▼ハブのいる島、いない島の差って? 沖縄県民とハブの深い関係

▼【写真特集】沖縄の巨大な生き物たち 見た!釣った!捕まえた!

▼沖縄のオオムカデとゴキブリ計3種「緊急指定種」に

▼とんだ「カメ」違い…国道横断、違う飼い主の元へ 脱走後に起こった珍事件

▼沖縄にもあった!「ウユニ塩湖」のような風景



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス