政治

高良参院議員、ウクライナ侵攻非難決議を棄権 「独自の平和外交必要」

参院議員の高良鉄美氏

 【東京】参院本会議で2日に採択されたロシアによるウクライナ侵略の非難決議を巡り、県関係国会議員の対応が分かれた。参院会派「沖縄の風」の高良鉄美氏は採択を棄権した一方、同会派の伊波洋一氏と自民の比嘉奈津美氏は賛成票を投じた。

 高良氏は声明で、「武力行使に抗議することは当然で、その点に異論を挟む余地はない」とした一方で、非難決議に「ウクライナと共に」とある点に対し、「平和憲法を持つ日本が、欧米とは違う立場で、独自にロシア、ウクライナに平和的解決を求める積極的な外交を行うべきだ」と異論を唱えた。

 (安里洋輔)

【関連記事】

▼沖縄関係の国会議員「侵略行為」と批難 米軍強化を警戒する声も ロシアのウクライナ侵攻

▼ウクライナ侵攻「許しがたい蛮行」 沖縄県議会が停戦決議を可決 全会一致

▼家族思い涙止まらず…「他の国の助け必要」 沖縄で暮らすウクライナ出身女性の思い

▼沖縄でも「戦争反対」「身近な危機」ウクライナ侵攻に抗議デモ

▼社大党70年「沖縄の問題は全国の問題。発信強める」高良委員長一問一答

 

 




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス