社会

ウクライナから避難のディアナさん、沖縄に到着 「ここに来られてうれしい」

おじのマイコーラさん(右)と再会を果たすウクライナから避難したディアナさん=10日、那覇空港(大城直也撮影)

 ロシアの侵攻が続くウクライナから避難してきたディアナ・メドヴィドワさん(30)が10日夕、沖縄県の那覇空港に到着した。ディアナさんのおじで沖縄に住むマイコーラ・メドヴィドフさん(47)ら親族が到着ロビーで出迎え、無事に再会できたことを抱き合って喜んだ。ディアナさんは「ここにたどり着くまで長い道のりだった。来られてとてもうれしい」と話した。

 ディアナさんが住んでいるウクライナ東部ルガンスク地方のクリャチフカ村は、ロシア軍や親ロシア派勢力が制圧している。戦闘はないが、周辺地域の爆撃の音が聞こえる状況という。3月27日に村を出て、モスクワからカタールを経由して4月6日に成田空港に到着した。

 ウクライナの情勢が落ち着くまで沖縄に住む予定で、今後県内で仕事を探す。しばらくはマイコーラさんの自宅に滞在するが、来沖を支援したNPO法人MathMathGood(名護市)が、県営住宅への入居を県と調整している。

 ディアナさんは「21世紀において戦争を起こすなんてとてもばかばかしいことだ。早く平穏な日常が戻ることを願っている」と話した。ディアナさんの母と弟はウクライナに残っており、マイコーラさんは「無事に到着できてうれしい。可能なら、ウクライナにいる家族をここに連れてきたい」と話した。(中村優希)


【関連ニュース】

▼「沖縄から平和を」ウクライナ出身女性、難民受け入れ支援呼び掛け(動画あり)

▼国際言語センター、ウクライナ避難者受け入れ 那覇

▼沖縄県がウクライナ難民支援本部 知事「国際社会連帯を」県内在住者聞き取りへ

▼家族思い涙止まらず…「他の国の助け必要」 沖縄で暮らすウクライナ出身女性の思い

▼「武力は愚か」「弱い者が犠牲」沖縄戦の体験者ら胸痛める ロシアのウクライナ侵攻

▼沖縄でも「戦争反対」「身近な危機」ウクライナ侵攻に抗議デモ



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス