政治

【独自】復帰前「沖縄に核貯蔵」明言 ワトソン高等弁務官の口述記録入手

ワトソン高等弁務官

 【中部】日本復帰前の沖縄で、1964年8月から66年10月まで統治責任者だったワトソン高等弁務官(米陸軍中将)が、退任後に米軍が実施したインタビュー(口述記録)で、沖縄に核兵器を「貯蔵していた」と明言していることが分かった。

復帰前の沖縄で米軍が核兵器を貯蔵していたことは「公然の秘密」とされてきたが、米軍は核兵器の所在について「否定も肯定もしない」という基本政策があり、歴代高等弁務官も「ノーコメント」としてきた。研究者は「米軍高官が核兵器の貯蔵を明言しているのは非常に珍しい」(我部政明琉球大名誉教授)としている。

口述記録は復帰から約3年後の75年4月に米軍が実施した。米陸軍遺産教育センターが所蔵する記録を琉球新報が入手した。

ワトソン氏は返還前の在沖基地について「他のどの権力の承認も得ずに運用できた。そこで貯蔵している核兵器を非常に巧妙で静かに、目立たずに、そして決して認めることなく扱っていたが、(存在は)知られていた。核を持ち込む際に日本政府の意向を確認する必要もなかった」と振り返った。

一方、沖縄返還に伴う影響について「もし(返還後の)現在、その許可を求めるとすれば、とても長く、もしかするとうまくいかない議論を重ねるだろう」と懸念した。

(島袋良太)

【関連記事】

【識者談話】沖縄不在の日米同意 我部政明氏 琉球大名誉教授

「ベトナム村」内部写真発見 60年代、米軍北部訓練場

戦争乗じた強硬論 「核共有」県内に警戒感 有事念頭、緊張高めかねず

倉敷ダムに銃弾やドラム缶…米軍由来の可能性 沖縄県、取水停止し撤去要求

米国の狙いは在日米軍基地の自由使用 密約文書入手した元記者・西山太吉さんが語る沖縄返還



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス