地域

1本から200個!庭のマンゴー鈴なりの秘けつは…塀からはみ出した実をもらっていく人も 南風原

自慢のマンゴーを見せる仲本茂雄さん

 【南風原】南風原町の仲本茂雄さん(88)宅の庭で、20年前に植えた一本のマンゴーに赤く色付き始めた果実が約200個、鈴なりとなっている。

 「鈴なりの秘訣(ひけつ)は?」との問いに「マンゴーには残飯を与えているだけ」と説明する。完熟したマンゴーは知人・友人・親戚に配っている。自宅の目の前がバス停なので「塀からはみ出たマンゴーをもらっていく人もいる」と笑った。

 仲本さんは500坪の畑を区分けし、カボチャ、タマネギ、キャベツ、ニンジンを栽培している。収穫すると公民館に持ち込んでみんなに配っている。キク栽培が得意で兼城公民館の老人クラブ「兼翔会」が毎年開催する菊花コンクールで優勝している常連でもある。

(喜屋武幸弘通信員)

【関連記事】

▼愛情いっぱい?! ハート型のマンゴー実る 沖縄・豊見城市

▼「まぎー!」巨大バナナに驚きの声 宜野湾市

▼パインが植木鉢で実った! 屋上庭園で栽培 浦添の税理士事務所

▼庭に天然記念物がいた!小学5年生がイボイモリ発見 

▼【写真特集】沖縄の巨大な生き物たち 見た!釣った!捕まえた!



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス