地域

パインが植木鉢で実った! 屋上庭園で栽培 浦添の税理士事務所

 【浦添】沖縄県浦添市内間で税理士事務所を経営する大濱諒一さん(82)が自宅アパートの屋上庭園で2年前から育てている16鉢のパイナップルが初めて実をつけた。大濱さんは「まさか植木鉢で育てたパインが実るとは思っていなかった。収穫が待ち遠しい」とほくほく顔だ。


植木鉢に実ったパイナップルと大濱諒一さん=2日、浦添市内間

 屋上庭園は25メートルプールほどの広さがあり、大濱さんはそこでパインのほか、ゴーヤーやヘチマ、パパイアなど数十種類の野菜や花などを植木鉢で育てている。パインは2020年に今帰仁村の知人から苗をもらい、今年になって実がなった。

 大濱さんは「実が実るまでに3年ほど時間がかかると思っていた。あと1~2カ月では収穫できると思う」と話した。
 (吉田健一)


【関連記事】

▼バナナの茎やパインの葉からエコな繊維 抽出新技術を開発

▼「ゴツン」ヤギたちが激闘 沖縄・多良間島で「ピンダーアース」

▼渡嘉敷島に「ソテツ4兄弟」

▼「まぎー!」巨大バナナに驚きの声 宜野湾市「ハッピーモア市場tropical店」

▼4.5メートルジンベエザメが定置網に エサ求め入り込む



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス