社会

夜の海中にふんわり浮かび…テーブルサンゴの産卵を撮影 沖縄・宜野湾

 【宜野湾】宜野湾市の宜野湾港マリーナから約1キロ沖合にある「謝名瀬(じゃなびし)」で18日午後10時半ごろ、テーブルサンゴが産卵している様子が確認された。那覇市でダイビングショップ「ドルフィンループ」を経営する東恩納亮さん(49)が撮影に成功した。この約2時間前にはソフトコーラルの産卵も見られた。

 東恩納さんによると、翌19日夜にも同じ海域でサンゴの産卵をわずかに確認できたという。

 東恩納さんはサンゴの産卵が多いとされるこの時期の大潮前後を狙って潜ってきた。大潮に続く中潮だった18日夜に産卵に遭遇できたという。「今年の梅雨は雨が多かったので雨水の影響がないか心配だったが、無事産卵を確認できて良かった」と喜んだ。
 (島袋良太)


▼【写真】予定地近く「ウユニ塩湖のような風景」

▼移設先周辺には豊かなサンゴ…豊かな海を分断・汚染も

▼一面ピンク色!サンゴの卵、南風に乗って漂着 伊江島・阿良の浜

▼豊かな海、守るのも壊すのも人 サンゴ礁の恵みが支える島の暮らし<SDGsで考える 沖縄のモンダイ>

▼【結果発表!】「沖縄・海の生き物たち」人気投票ナンバーワンは?



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス