政治

糸満鉱山の土砂採掘、玉城沖縄知事が合意案受け入れ表明 激戦地土砂巡り公調委が提示

糸満市米須の鉱山=2021年7月(小型無人機で撮影)

 沖縄戦跡国定公園内にある糸満市米須の鉱山での土砂採掘計画を巡り、総務省の公害等調整委員会(公調委)が沖縄県と事業者に提示した合意骨子案について、玉城デニー知事は24日、「合意案は(県の)措置命令の内容をおおむね反映している」と述べ、合意案を受け入れる考えを表明した。合意案は、土砂採掘時に沖縄戦戦没者の遺骨が発見された場合は工事を2週間中止して収集することなどを事業者に対して求めているが、土砂採掘自体は認めている。知事が合意案の受け入れを公式に表明したのは初めて。24日の県議会代表質問で西銘純恵氏(共産)に答えた。

 米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古新基地建設で、政府は埋め立てに使用する土砂の採取予定地として、本島南部も対象に計画している。そのため、鉱山の土砂採掘計画を巡り、沖縄戦遺骨収集ボランティアなどの団体は、遺骨が混じる可能性があるとして掘削を認めないよう、県に要請。県は事業者に対して、県から採掘前に遺骨の有無を確認することなどの措置命令を出していた。

 玉城知事は、①事業者が掘削予定地の約半分の区画で戦没者遺骨収集センターの調査、収集を実施した②残り半分の区画のうち大半は他の場所から持ち込まれた盛り土である③工事開始後も一定の範囲の工事を一定期間中止する―など合意案で示された項目を説明した。

 その上で、玉城知事は「戦没者の遺骨が混入した土砂が、工事や埋め立てなどによって使われることは、先の大戦で亡くなった方々を悼む心を持つウチナーンチュの一人としてあってはならない。県議会で議決された意見なども踏まえ、今後とも、戦没者の遺骨が混入した土砂が使われることのないよう、引き続き戦没者遺族等、県民の心情も踏まえ、適切に対応していく」などと説明した。

【関連記事】
▼具志堅さん、7月スイスへ 「解決へ声上げる」遺骨土砂問題 国連で訴え 

▼有事に沖縄県民140万人の避難は「非現実的」 登壇者ら「移動すべきは基地」 

▼沖縄戦犠牲社と新基地建設 本部の山にも戦没者遺骨 辺野古土砂への使用禁止を<季刊 目取真俊>

▼沖縄戦戦没者の遺骨、2719体が今も地中に 

▼3.11津波犠牲女児の遺骨か 父「間違いない」 ガマフヤー具志堅さんが福島で捜索

 



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス