政治

玉城沖縄県知事、旧統一教会との関わり「一切ない」 安倍氏国葬への賛否は明言避ける

玉城デニー知事(資料写真)

 政府が安倍晋三元首相の国葬を9月27日に実施すると閣議で決定したことについて、玉城デニー知事は22日午前の定例会見で、「(銃撃事件に)非常に大きな衝撃を受けたし、国民が追悼の思いを寄せたいということについて十分理解できる。他方で、国葬に関しては多くの国民の中にさまざまな意見がある」との認識を示した。その上で「県として、どのような意見に立つかは特に議論していない」と述べるにとどめ、国葬への賛否は明言を避けた。

 安倍氏の銃撃事件に関連して注目が集まっている政界と世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との関係を巡り、自身と旧統一教会との関わりについては「私が記憶する限り、そのような団体との関連性は一切ないと認識している」と述べた。

【関連記事】
<社説>安倍元首相「国葬」 内心の自由に抵触する

【国葬】沖縄県内では疑問の声、賛否の反応さまざま

【識者談話】安倍氏国葬「沖縄抜きの政治」の現れ 小林武氏(沖縄大学客員教授)

【国葬】知事「追悼の思い理解できる」 党本部の献花台に市民の列絶えない光景も目に

【国葬】「これまでの功績評価」「沖縄政策で県内を二分」沖縄選出の関係議員ら賛否

 



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス