社会

西原高マーチングが世界一に 4年に一度の世界音楽コンクール 高額渡航費の壁に多くの寄付「最高の形で恩返しできた」

WMC世界音楽コンテスト・ケルクラーデ2022で、大会ハイライトとなるショー部門チャンピオンシップで優勝した西原高校マーチング部=現地時間7月31日(同校提供)

 4年に1度、オランダで開催される「世界音楽コンクール」に日本代表として出場した沖縄県立西原高マーチングバンド部が現地時間の7月31日、ショー部門の「チャンピオンシップ」で優勝した。大会ハイライトとなる部門で、チャンピオンシップは同部門の最高峰。2位に3・52ポイント差をつけ栄冠を勝ち取った。

 大会は「音楽のオリンピック」と呼ばれ、西原は1997年の初出場から2017年の前回大会まで毎回、金賞を獲得している。01年、05年、17年は最高賞のベストインターナショナル賞を獲得した。21年大会は、新型コロナの影響で延期されていた。

 西原町内の有志で結成した世界大会に送る会の前野恒宏会長は「コロナ禍で練習も制限される中、よく頑張った。多くの県民や企業から寄付が寄せられた。最高の形で恩返しできたと思う」と喜んだ。

(嘉数陽)
【関連記事】

▼1人50万円…世界大会を前に西原高マーチング部を悩ませるもの チャリティーコンサートなどで資金支援募る

▼東大からドラァグクイーンに 那覇出身メイリー・ムーが抱く沖縄への思い 

▼伊江村に2人の女性校長が誕生 両校ともに創立以来初めて 伊江小と西小

▼歌手Anlyさん「辞めたい、沖縄帰りたい」何度も 母校でデビューへの軌跡語り後輩にエール 

▼「ウチナー・ジャズ・ゴーズ・オン」沖縄のミュージシャンたちが込めた「音」と思い リーダー真栄里英樹に聞く【WEB限定】

 



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス