社会

基礎疾患ない30代男性が死亡、家族と電話のわずか10分後・・・沖縄・新型コロナ陽性5063人 40代含め計5人死亡(8月11日朝)

 沖縄県は10日、10歳未満から100歳以上の5063人が新型コロナに感染したと発表した。また、30代男性や40代女性など計5人の死亡も報告した。

 県によると、30代男性は7月23日に陽性が判明し、同日午後6時半頃まで別居する家族と電話で連絡を取り合っていたという。同6時40分に家族が家を訪ねたところ容体が急変しており、心停止の状態で搬送された病院で死亡が確認されたという。基礎疾患はない。

 40代女性は基礎疾患があり、7月17日に陽性が判明して入院したが同27日に亡くなったという。

 ▼乳幼児健診でクラスター 那覇市保健所が発表

 10日の入院患者は665人で病床使用率は87・3%で圏域別では本島92・9%、宮古59・1%、八重山58・3%となっている。

 社会福祉施設内の感染により、県対策本部が支援に入っている施設は221カ所だった。施設内療養者は計1299人で、内訳は高齢者施設1182人(酸素投与68人)、障がい者施設117人(同3人)だった。

 県は7月25日から8月2日に採取した320検体のうち、感染力の強いオミクロン株の派生型「BA・5」の推定割合が87・5%(280検体)だったと発表した。

 米軍関係の感染は53人だった。

(嘉陽拓也)

 

【関連記事】

▼旧盆「同居家族と過ごして」沖縄知事が呼び掛け【動画あり】

▼沖縄、若者の人工呼吸器の装着例も 今週は新規4万人の見込み

▼玉城知事、BA・5対策強化地域指定で新対処方針

▼島唯一の診療所が電話診療に 南大東村、勤務医がコロナ陽性

▼沖縄のコロナ最新情報


新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス