社会

沖縄、自宅療養数の発表を省略 26日から コロナ発生届の変更を受けて対応

  新型コロナウイルス感染者の発生届が26日から全国一律で簡略化されることを受け、沖縄県は同日から居住地別の感染者や自宅療養者数などの情報提供を省略する。県が定例の記者ブリーフィングで21日に報告した。

 感染症総務課の城間敦課長によると、省略される情報は、11市や保健所管轄別の感染者のほか、自宅療養者、入院・療養等調整中、入院勧告解除確認中などの人数を想定しているという。新規感染者数と年代別人数は引き続き発表する。

 発生届の対象が重症化リスクのある高齢者や妊婦などの4類型に限定され、それ以外の感染者は年代や人数のみの情報しか得られないため、簡略化するという。

 また、発生届の簡略化によって県の抗原定性検査・陽性者登録センターの仕様変更が必要になるため、24日正午から25日午後12時まで受け付けを休止するという。
 (嘉陽拓也)


【関連記事】

▼沖縄県、外出自粛要請を終了 経済と医療両立に移行【動画付き】

▼オミクロン対応ワクチン、那覇市も今月から接種開始 都道府県庁所在地調査

▼沖縄の修学旅行、バスが足りない…コロナ禍3年で200台超減 運転手、ガイドも不足

▼新たな変異株「ケンタウロス」初確認 感染は減少傾向(9月16日朝)

▼新型コロナ、企業への影響「継続している」82%、前回から悪化 感染再拡大が下押し



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス