エンタメ

朝ドラ「ちむどんどん」最終回、ゴリさんと西銘駿さんが出演 「賢秀、他人とは思えない」「心落ち着く現場」

ゴリさん

 30日に放送されたNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」の最終回に、県出身のゴリさん(ガレッジセール)と西銘駿さんが出演した。ゴリさんはタクシー運転手の役で、西銘さんは、黒島結菜さん演じるヒロイン・青柳暢子の息子・健彦役を演じた。ゴリさんと西銘さんがNHKを通じて、コメントを発表した。

 ゴリさんのコメント
 「初代ダメにぃにぃ」として賢秀を見守ってきました。そしてついにダメにぃにぃ同士の出会い。(もちろん「ちゅらさん」の恵尚役ではありませんが)。他人とは思えない同じ何かを感じました。撮影初日、スタッフとキャストの前で私が紹介されたとたんに土砂降りの雨。完全に雨男のレッテルが…。落ち込む私を気づかうように川口春奈さんが「生まれて初めて買ったCDゴリエなんですぅ!」竜星涼くんも「めっちゃ落武者好きでしたっ!」など励ましてくれました。所々に「ちゅらさん」を匂わすような演出もありましたが、みなさん気づいてくれましたか?

 


西銘駿さん

 西銘駿さんのコメント
 出演をずっと願っていたので、物凄く嬉しかったです!沖縄県の魅力を日本中に届ける為のイベントが東京であり、開催され登壇させて頂いた際に、半分冗談半分本気で「ちむどんどん、なんでオファーないんですか!?」と呼びかけたらまさかの出演…!言ってみるものだなと改めて言霊を実感しました(笑)。撮影は家族や、身内、地元の友達、みんなが見ている大好きな作品に出れる喜びをしっかりと噛み締め挑みました! キャストの方々や、スタッフの皆さんが、あれ?うちなんちゅかな?と思わせるほど、方言の訛り方や、温かい人柄が地元に帰ったような感覚になり、本当に心落ち着く素敵な現場でした!



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス