地域

【動画】「大きすぎて笑ってしまった!」100キロのダイオウイカ、石垣島の漁師が水揚げ  全長7.8メートル 美ら海水族館「完全な姿、珍しい」

大浜長壱朗さん(右)が水揚げしたダイオウイカ=5日、石垣市(大浜さん提供)

 【石垣】石垣市で5日、無脊椎動物では最大級の生物、ダイオウイカが水揚げされた。捕らえたのは漁師の大浜長壱朗さん(28)=石垣市。ソデイカ漁の仕掛けに掛かっていたという。計測するとその大きさは約全長7メートル80センチ、体重はおよそ100キロだった。予想外の超大物に大浜さんは「まさか! と思った。みんなに明るい話題が届けられたかな」と話した。

 ダイオウイカを発見したのは4日の多良間島沖での操業中のことだった。釣り針を使ったソデイカ漁の仕掛けの一つに、ダイオウイカが掛かっていた。
最初は全く気がつかなかった。仕掛けを引き上げると、次第に大きな陰が目に入る。サメかと思ったが、その正体はダイオウイカだった。仕掛けに掛かったソデイカを食べていたという。大浜さんは「大きすぎて笑ってしまった。みんなに明るいニュースが届けられると思った」と水揚げを決めた。

 沖縄美ら海水族館によると、ダイオウイカが完全な姿で水揚げされる例は珍しいという。同館深海展示係の金子篤史さんは「漁師がダイオウイカを捕まえてもリリースする例が多い。生息域などを知る手がかりになるかもしれない」と話す。

 4日の漁では、ダイオウイカがかかった仕掛け以外、大漁だったという大浜さん。超大物は食用にならないため「ダイオウイカだけ掛かっていたら残念だった。大漁で良かった」と胸をなで下ろした。
(西銘研志郎)


【動画】大浜さんの仕掛けに掛かったダイオウイカ

▼【写真特集】沖縄の巨大な生き物たち 見た!釣った!捕まえた!

▼「マグロが海に落ちている」ドライブの夫婦が発見、素手で生け捕り

▼中学生が格闘15分! 小さな釣り竿で大物ガーラをゲット! 

▼海岸で2.5メートルのサメ釣る 沖縄・国頭村

▼「どんぶらこ」と流されてきたカメを助けたら…なんと天然記念物! 




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス