沖縄県議選 13選挙区で75人が立候補届け出 石垣市区は無投票当選決まる


沖縄県議選 13選挙区で75人が立候補届け出 石垣市区は無投票当選決まる 沖縄県議会
この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社

 任期満了に伴う第14回県議会議員選挙が7日、告示された。定数48議席を巡り、13選挙区で75人が立候補を届け出た。16日の投開票に向けて9日間の選挙戦の火ぶたが切られた。玉城デニー知事を支える県政与党が多数を維持するか、自民など野党や中立が議席数を伸ばし過半数を獲得できるかが最大の焦点となる。

 期日前投票は8日から始まる。15日投票の竹富町を除いて、16日に投票、即日開票される。

 経済振興や子どもの貧困問題、米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古の新基地建設問題をはじめとする米軍基地問題、自衛隊配備増強の是非などが主な争点。

 石垣市区(定数2)ではそれぞれ現職で、自民の大浜一郎氏(62)=公明推薦=と無所属の次呂久成崇氏(50)=共産、立民、社民推薦=の2氏以外に届け出はなく、無投票当選が決まった。

 県選管によると、6日現在の選挙人名簿登録者数は117万8000人。