有料

SNS動画4本非公開 浦添市 第三者委の答申受け


SNS動画4本非公開 浦添市 第三者委の答申受け 浦添市役所(資料写真)
この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報朝刊

 【浦添】浦添市は4日、セクハラと捉えられる可能性があるなどとし、第三者委員会から非公開が望ましいとされたTikTok動画4本を非公開にした。

 松本哲治市長は5日、X(旧ツイッター)に「ご迷惑やご不安をおかけした皆さまに改めておわびすると共に、これからも変わらぬ浦添市へのご支援を心からお願い申し上げます」と投稿した。

 市のTikTok動画は、第三者委員会「浦添市ソーシャルメディア調査委員会」が2月から内容を検証してきた。

 5月30日に、同委員会の答申書が松本市長に手渡された。

 答申書は公開されていた25本の動画のうち、問題の発端となった「市長が美女とホテルへ」と題した動画を含む4本を、「非公開とすることが望ましい」としていた。

 (藤村謙吾)