戦火の首里城-地下に眠る32軍壕


沖縄の「象徴」首里城
その悲しい歴史


 2019年10月31日未明。激しい炎とともに上がった分厚い白煙が、夜明け前の那覇市首里の上空を覆った。

 沖縄を代表する観光名所で、年間280万人が訪れた首里城。当たり前にあると思っていた「象徴」の焼失に、沖縄県民も言いようのない喪失感を抱き、アイデンティティーを揺さぶられた。

 そして今回の火災は、首里城が持つ悲しい歴史にも再び光を当てた。首里城は沖縄戦により、1945年4月末から5月にかけて建物や城壁がすべて破壊された過去がある。

 「南西諸島防衛のため」沖縄に配備された日本軍32軍は、沖縄戦直前の44年12月から、当時国宝だった首里城地下に司令部壕の構築を始めた。


日本軍第32軍司令部壕の内部=1945年(県公文書館所蔵)

日本軍の狙撃兵が根城にしていた首里城下にあるキリスト教会の搭状建物に銃を向ける海兵隊員ら=1945年5月(県公文書館所蔵)

 壕の構築には近隣の沖縄師範学校や県立第一中学校の生徒らも駆り出された。10代の少年たちは、蒸し暑い地下で24時間体制の壕堀り作業に従事した。

 司令部壕は南北を横断するように全長約1キロあり、作戦室や無線室など戦闘指揮に必要な施設が完備されていた。千人あまりの将兵だけでなく沖縄出身の軍属や学徒、女性たちが雑居していたとされる。


がれきと化した首里城の城壁。後方は首里の町=1945年5月(県公文書館所蔵)

首里城付近の円鑑池・龍潭=1945年6月8日(県公文書館所蔵)

 日本軍の中枢があったことで首里一帯は米軍の標的となり、首里城の焼失も避けられなかった。米軍による空襲や艦砲射撃など、猛烈な攻勢に追い込まれた日本軍は45年5月下旬に南部撤退を決定。「鉄血勤皇隊」など学徒として動員された生徒たちも、日本軍と行動を共にし、多くの命が犠牲になった。


首里城地下に広がる日本軍第32軍司令部壕の第5坑道口=2017年3月20日、那覇市首里金城町(琉球新報撮影)

第32軍司令部壕の第5坑道内部。かなりの補強工事が進められているが、風化の足跡も感じさせる=2015年6月9日、那覇市(琉球新報撮影)

 75年前の沖縄戦でがれきと化した首里城は、沖縄の深い悲しみ体現する存在でもあった。92年の復元では、沖縄戦でほとんどの資料が失われた中、多くの研究者と職人の技術を結集させた。

 今回の火災でも再建への機運が高まりをみせる一方で、地下に眠る第32軍司令部壕や留魂壕など「負の遺産」の保存や公開の在り方を求める声も上がっている。


製作 : 琉球新報・Yahoo!ニュース
取材 : 2020年6月





関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス