【動画】落ち葉にまぎれてゆらゆら〜ナンヨウツバメウオとヘコアユ〜<沖縄・海の生き物たちVol.33>

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加


ゆらゆら落ち葉、よく見てみると…


砂浜の先にある、小さな潮だまり。陸に近いので、海岸に生える木々の落ち葉が漂っています。そんな潮だまりをじーっと眺めていると、茶色いかけらがひとつだけ、別の方に流れて行きます。落ち葉と同じようにゆらゆらしているのに、手を近づけるとスッと逃げる。そしてまたゆらゆら。本当の落ち葉に混ざると、ほとんど見分けがつきません。これが、ナンヨウツバメウオの幼魚です。

光が当たると少しオレンジがかった茶色で、大きさはわずか3cmほど。右に左に傾きながら、漂う落ち葉そっくりの動きをしているのがすごい!これが、やがて50cmにもなってサンゴ礁を泳ぐ銀色の魚に育つとは信じられません。

さらにもう一種類、今度は枯れた海草のかけらのような魚も見つけました。ヘコアユの幼魚です。この潮だまりにいたのは、まだ1〜2cm。成魚は15cmほどになります。海草のかけらは、茶柱のように縦に浮かんで漂いますが、ヘコアユが頭を下にして、立ち泳ぎをしながら群れで漂う様子は、海草の枯れ葉によく似ています。これも手を近づけるとスッと逃げるので、ようやく魚だと気づきます。

海藻が切れて漂う流れ藻に隠れる生きものは多いけれど、ナンヨウツバメウオの幼魚のように、陸からの落ち葉に擬態する魚がいるなんて、魚もなかなかやるもんですね。



Vol. 33 ナンヨウツバメウオ

Platax orbicularis



● 目:スズキ目 Perciformes

● 科:マンジュウダイ科 Ephippidae

● 属:ツバメウオ属 Platax

 



動画撮影:
ナンヨウツバメウオ  2020年10月2日(浦添市 西海岸パルコ前)
ヘコアユ  2020年10月16日(浦添市 西海岸パルコ前)

動画撮影・編集&執筆

鹿谷法一(しかたに・のりかず しかたに自然案内)

琉球大卒、東大大学院修了、博士(農学)。広島に生まれ、海に憧れて1981年に沖縄へ。専門はカニなどの甲殻類。生き物の形とはたらきの関係に興味がある。最近は、沖縄の貝殻を削って磨くシェルクラフトを行っている。

鹿谷麻夕(しかたに・まゆ しかたに自然案内)

東洋大、琉球大卒。東大大学院中退。東京に生まれ、20代半ばでサンゴ礁に興味を持ち、1993年に沖縄へ。2003年より、しかたに自然案内として県内で海の環境教育を始める。しかたに自然案内代表。手作りぬいぐるみで海を伝える、あーまんシアターも主宰。

 

これも読みたい!

 

◆【動画】薄っぺらいのに肉食系! 岩場のハンター「ヒラムシ」〈沖縄・海の生き物たちVol.7〉

https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-816406.html

 

◆【動画】愛のキッスでパートナーにアプローチ<沖縄・海の生き物たち vol.13>

https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-897647.html

 

◆【動画】私は世界の海の旅人さ〜カルエボシとヒダミノウミウシ〜<沖縄・海の生き物たちVol.25>

https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-1092795.html

 


WSJ特設サイト

前の記事絵一本で生きていく未来を夢見てー...
次の記事うちなーんちゅ、初ドライブは辺戸...