【動画】ひらひらと波打つ平べったい体~サザナミウシノシタ~ <沖縄・海の生き物たち Vol. 60>

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加


ヒラメかカレイか…「靴底」と呼ばれることも



冬、夜の浅瀬の潮だまり。水中ライトで照らすと、ちょっと不思議な生きものの気配がありました。15cmほどの平べったい体、その周囲は波打っています。浅瀬で平べったく波打つ体といえばヒラムシ。でも、ヒラムシよりは大きいし、よく見ると目がある…。

これはサザナミウシノシタ。ヒラメやカレイの仲間です。「左ヒラメの右カレイ」と言って、体の左側に目があればヒラメ、右側に目があればカレイという見分け方がありますが、実は例外も結構あります。サザナミウシノシタは右側ですが、別のウシノシタのグループは左側。本当はどっちでも良いのかなぁ。



「牛の舌」には、別名「舌平目」と呼ばれる種類もあります。淡白な白身が、ムニエルなどの料理に使われることで有名です。ところが、英名は「靴底」…それではあまり美味しそうじゃないかも?

さて、サザナミウシノシタは成魚と幼魚で体の色が全然違います。小さい時は白い体にオレンジと黒の縁取りがあり、これがひらひら波打つと、同じ色合いのヒラムシの動きにそっくり!ヒラムシは獰猛な肉食動物で、しかも毒を持っていることがあるので、有毒種に擬態をして身を守っていると考えられています。

全然違う生きもの同士、なぜ色合いや動きを真似ることができるのか、寄り目の顔を見ながら、生きものの進化の不思議を感じました。




Vol. 60 サザナミウシノシタ

Soleichthys heterorhinos



● 目:カレイ目 Pleuronectiformes

● 科:ササウシノシタ科 Soleidae

● 属:サザナミウシノシタ属 Soleichthys



動画撮影: 

 サザナミウシノシタ  2023年1月6日(浦添市 伊奈武瀬)
 ヒョウモンヒラムシ  2019年11月13日(浦添市 カーミージー)

動画撮影・編集&執筆

鹿谷法一(しかたに・のりかず しかたに自然案内)

琉球大卒、東大大学院修了、博士(農学)。広島に生まれ、海に憧れて1981年に沖縄へ。専門はカニなどの甲殻類。生き物の形とはたらきの関係に興味がある。最近は、沖縄の貝殻を削って磨くシェルクラフトを行っている。

鹿谷麻夕(しかたに・まゆ しかたに自然案内)

東洋大、琉球大卒、福井県立大大学院修了、東大大学院中退。東京に生まれ、20代半ばでサンゴ礁に興味を持ち、1993年に沖縄へ。2003年より、しかたに自然案内として県内で海の環境教育を始める。しかたに自然案内代表。沖縄の海辺を考える「里浜22」や、温暖化対策に取り組む「ゼロエミッションラボ沖縄」でも活動中。

 


これも読みたい!

 

【動画】薄っぺらいのに肉食系! 岩場のハンター「ヒラムシ」〈沖縄・海の生き物たちVol. 7〉
https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-816406.html


【動画】落ち葉にまぎれてゆらゆら〜ナンヨウツバメウオとヘコアユ〜<沖縄・海の生き物たちVol.33>
https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-1224092.html


【動画】缶切りバサミを装着! ~ソデカラッパ~ <沖縄・海の生き物たち Vol. 59>
https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-1632781.html

 




前の記事サービスはいつか終了する モバプ...
次の記事観客を笑わせる名トロンボーン奏者...