社会

【水中写真と動画】軽石の層ぎっしり「流氷の海を潜るよう」 沖縄・辺士名漁港

 大量の軽石が滞留している沖縄本島北部・国頭村の辺士名漁港で、海中の様子を本紙写真映像部の高辻浩之記者が撮影した。海面から約10センチまで軽石が層状にびっしり浮かんで、港内一帯を覆いつくしていた。

【潜水ルポ】サンゴの海真っ暗…洞窟の中のよう


 高辻記者は水中の様子について、「流氷の下を潜るような危険を感じた。周囲はほとんど目の前しか見えず、水面に顔を出す際は、手を上げて石をかき分け、水面に手が出るか確認してから浮上した」と語った。

 水中では、漁船などの周辺の海中を漂う小さな軽石や、日光を遮断する軽石の下を泳ぐ魚の姿も。水深約2メートルに生息するサンゴの上に石が積もっているのも確認された。



水深約1㍍の海中から見上げた海面を覆い尽くす軽石=26日、国頭村の辺土名漁港(高辻浩之撮影)

水深約1・5㍍に生息するサンゴ(下)の上を覆い尽くし、日光を遮断する大量の軽石=26日、国頭村の辺土名漁港(高辻浩之撮影)

水深約2㍍に生息するサンゴ(左)の上を覆い尽くし、日光を遮断する大量の軽石(奥)=26日、国頭村の辺土名漁港(高辻浩之撮影)

海面から約10㌢まで滞留し港内一帯を覆い尽くす軽石=26日、国頭村の辺土名漁港(高辻浩之撮影)

海面付近を軽石が漂う水深約1㍍の海中=26日、国頭村の辺土名漁港(高辻浩之撮影)

<関連記事>

▼生態系への影響見えず 喜界島では海底にも
▼【写真特集】沖縄の青い海が灰色に…大量の軽石がビーチ、川、道路にも
▼マリンレジャーのキャンセルも...軽石、観光業にも被害 事業者「行政対応求めたい」
▼死んだ魚の胃に詰まった大量の軽石…漁業関係者「災害だ」 国頭でいけすの魚に被害
▼軽石をのみ込み…国頭で魚が大量死、休漁も 沖縄県内14漁協被害 県、撤去へ国と調整
▼「漁ができる状態じゃない」と漁師ため息 大量軽石が漁港にまで…



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス