社会

死んだ魚の胃に詰まった大量の軽石…漁業関係者「災害だ」 国頭でいけすの魚に被害

胃の中から大量の軽石が見つかったグルクマ=25日、国頭村の辺土名漁港(国頭漁協提供)

 【国頭】県内各地で大量に漂着しているのが確認されている軽石は港湾やビーチを埋め尽くしているほか、漁業にも深刻な影響が表れ始めている。国頭村の辺土名漁港では25日、いけすで蓄養していたグルクマ150匹以上が軽石を飲み込み、死んでいるのが見つかった。国頭漁業協同組合によると蓄養グルクマに関して現時点での推定被害額は約100万円。漁協関係者からは「ひどい状況。災害だ」と悲鳴が上がった。 

>>【写真】大量の軽石がビーチ、川、道路にも

 死んだグルクマの胃の中には大量の軽石が詰まっていた。定置網で捕獲したものを出荷に向けて漁港内の海面に浮かべたいけすに入れていた。いけすにも軽石が流れ込んだとみられる。漁協によると生きているグルクマも軽石を飲み込んでいるのが確認された。同じように死ぬ可能性があるとして回収した。


軽石周辺で泳ぎ回るカワハギの仲間とみられる小魚=25日午後4時、国頭村の辺土名漁港

 国頭漁協は他の蓄養魚の生存調査を実施する方針。蓄養グルクマは県外に出荷する予定だったが、一時断念することになった。被害はさらに拡大する可能性もある。村田佳久組合長は「ここまで長期化するとは思わなかった。実害がだんだん出てきている」と声を落とした。軽石は漁港や沖に大量に漂流している。漁船のエンジントラブルについても同漁協は注意を呼び掛けている。

 辺土名漁港では滞留する軽石のそばにカワハギの仲間とされる小魚が大量に確認された。珍しい光景を見ようと、辺土名高の教諭や生徒らが現場を訪れ、観察していた。漁協関係者は「普段はあまり見かけない」としており、同校サイエンス部顧問の東竜一郎教諭は「軽石とともに漂着したのではないか」と推測した。


 

【関連記事】

▼【動画】押し寄せる軽石…美ら海に異変 ビーチも川も灰色に

▼「漁ができる状態じゃない」 大量軽石が漁港にまで…

▼漂着した軽石、35年前と「同じ顔」 琉大名誉教授に聞く

▼「マグロが海に落ちている」70キロの大物、ドライブの夫婦が発見、素手で生け捕り

▼軽石をのみ込み…国頭で魚が大量死、休漁も 沖縄県内14漁協被害



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス